「ガキコメ」に対しての持論【7zmanagerのMADblog】

「ガキコメ」に対しての持論【7zmanagerのMADblog】

どうも。7zmanagerです。

今回も「ガキコメ」に対して哲学的な話をしようと思います。

以下は、前回、「ガキコメ」とは何だろうか?ということを簡単ではありますが、考察してみた、という前回の記事です。

 

「ガキコメ」とは何だろうか?(考察)【7zmanagerのMADblog】

前回の記事で、私は様々な考察をしてきました。今回はそれに対する持論を述べたいと思います。

前回、「ガキコメ」とは何か?ということで、一般の方の思っている「ガキコメ」の定義、意味を抽出しました。

ガキコメとは?:(つまらない、面白くない、意味不明、言葉遣いがガキっぽい、ガキコメに反応するコメ、氏ね、氏ね連呼「氏ね氏ね氏ね氏ね」、投稿者を困らせる)

加えて、恐らく「ガキコメ」というものをプラスの意味で使う方はいないでしょうから、マイナスの意味で使われる、ということになるでしょう。つまり、ガキコメは悪ということになります。

ということは、先ほど述べた、(つまらない、面白くない、意味不明、言葉遣いがガキっぽい、ガキコメに反応するコメ、氏ね、氏ね連呼「氏ね氏ね氏ね氏ね」、投稿者を困らせる)というコメントはするべきでない、ということになります。

なんだ、当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、そうではないと私は思いますもう少し踏み込んで考える必要があると思います。

私はここで、先ほど述べた「ガキコメ」の要素を2つに分けてみたいと、そう思うのです。

ガキコメ(仮)の要素A:(氏ね、氏ね氏ね氏ね氏ね等、投稿者を(直接的に)困らせる、消えろ)

ガキコメ(仮)の要素B:(つまらない、面白くない、意味不明、言葉遣いがガキっぽい)

この要素Aの場合は、直接的な、人に対する嫌がらせ行為になるでしょう。これを「ガキコメ」という人もいるでしょうし、「単なる嫌がらせ」と思う人もいるでしょうが、少なくともこれはと言い切っていいことになります。つまり、このような行為は、ガキコメの必要条件を満たすことになるかと私は考えます。また、そんな難しい言い方をしなくとも、直接的に迷惑をかけているのだから、いい行為ではないということは明らかですね。そのような行為は許されるものではない少なくともマイナス)と私は考えます。

しかし、要素Bの場合はどうでしょう。

 つまらない、面白くない、意味不明、ガキっぽい→コメントというものをどうとらえるか、ということですが、これは直接的な嫌がらせではないですし、そもそも嫌がらせ行為とは言い切れません。それは受け取る側の問題です。あなたにとって意味不明でも、投稿者にとっては意味が分かる場合だってありますし、ガキっぽい言葉遣いだからって非難されることはないはずです。つまらない、面白くない、というのは、その1個人の感想であり、それすなわち悪というのは明らかにおかしいのではないかと思います。

(ここが私の主張の核)

そもそも、コメントは「誰が」書いてもいいもの(ルールにのっとれば)であるはずですし、その話題に関連のあるものであれば、どんなコメントをしてもよいはずです。そして、そのコメント欄で一番強い権限をもつのは、そのページを管理している人間であり(しかし責任も一定程度ある。)、その他の人が、コメントに対して「ガキコメ」と即断し、要素Aのような言葉をコメント投稿者に浴びせるのはいかがなものか、と思うのです。(※ただし、要素Aのような明白な場合を除く。)

今のところ、私は以上のような見解をもっています。もしかしたら、反論もあるでしょう。もしその反論に答えられなければ、私の感覚を少し修正しなければならないかもしれません。ただ、私は動画のコメント欄を管理するなかで、荒れそうになった時には、以上のようなことを伝えているつもりです。少なくとも、悪い気持ちになって動画を去ってほしくない、そう思って、たとえ「ガキ」のような人だったとしてもそのことを丁寧に伝えているつもりです。

難しい話でしたが、私の作るふざけた動画にもそういう想いはあるということをご理解ください。と思って書いた、そんだけのことよ。また、改めて書くかもしれません。

 

7zmanagerのMADblogカテゴリの最新記事