世紀末戦隊ゴレンジャイ(お笑い番組)とMAD制作 (7zmanagerのMADblog)

世紀末戦隊ゴレンジャイ(お笑い番組)とMAD制作 (7zmanagerのMADblog)

今回、私がご紹介するのは、『 ダウンタウンのごっつええ感じ 世紀末戦隊ゴレンジャイ』です。

この動画はMADではありません。しかし、この動画はネタ系MAD制作に必要な要素がたくさん含まれていると私は思います。

この動画は、1991年~1997年にフジテレビ系列で放送された、ダウンタウンなどの芸人が参加したお笑い番組で、その人気コントである「世紀末戦隊 ゴレンジャイ」になります。

動画の内容としては、まず、ヒーロー5人が登場するときの出オチでまず笑いのポイントがあり、そのあと、悪役を演じる浜田氏のツッコミで笑いを増幅させていきます。

この動画は、ネタMADを制作する上で、どのようにすれば、人を楽しませることができるのか、それを学ぶ大きな助けになるものであると考えます。これに限らず、お笑い芸人が登場する番組というものは、やはりMAD制作の参考になります。

【世紀末戦隊 ゴレンジャイ wikipedia】

世紀末戦隊ゴレンジャイ(せいきまつせんたいゴレンジャイ)とは、フジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』で放送されたコントのひとつである。通称・ゴレンジャイ。

番組内で全12回(2001年10月5日「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」で放送された『新世紀戦隊ゴレンジャイ2001』を含めると13回)放送された人気コント。『秘密戦隊ゴレンジャー』のパロディ。

オープニングで使われている曲は『仮面ライダーX』の挿入歌「突撃仮面ライダーX」のイントロとコーダの編集版である(ゴレンジャイ2001のみ『電磁戦隊メガレンジャー』のオープニングの短縮版)。また、ドクロ仮面登場時の曲は『勇者警察ジェイデッカー』のBGM「暗黒への扉」、ゴレンジャイ登場時は同じく『ジェイデッカー』のBGM「ビルドチーム、急行せよ」(ゴレンジャイ2001のみ『メガレンジャー』の挿入歌「DigDug!デジタンク」のメロオケ)を使用している。

小松純也によると、このコントは「五つの赤玉と白玉があった場合、どの順番で出てくれば面白いか」という数学的な発想から生まれたものだという[1]。第一回目の五人の色分けがその結果であるといえる。

7zmanagerのMADblogカテゴリの最新記事